工務店で注文住宅を建てるデメリット

建売よりも価格は高め

一つ一つ設計して施工していくことになるので、ハウスメーカーが提供する建売よりも予算は高めになります。設計も工務店で行っている場合は少し安くなることもありますが、一般的に設計事務所や建築士と連携して行うため、そちらの金額もかかっていくことになります。 また、平均的な満足度調査や様々なテストを行うことは注文の場合難しくなるので、実際に仕上がってみるまでモデルルームなどで体感することは困難です。自分でイメージしたものがある、こんな家が欲しいという具体的なコンセプトが存在するというのでなければ、ただコストがかさんでいくことにもなりかねないことには注意が必要です。基礎から内装まで青天井にコストをかけられるところが良くも悪くも特徴と言えるからです。

信頼性は自分で確保するしかない

工務店は小規模の中小企業であることが多いです。ほとんどの場合は問題ないのですが、資金繰りなどが苦しくなり建設途中で倒産などされた場合、引き渡しすら行われないままかかった費用も戻らないということもあり得ます。具体的な財務状況などもある程度把握したうえで依頼することができればこうしたリスクを避けやすくなりますが、素人には難しいといえます。ハウスメーカーなどの場合にはあらかじめ出来ている物を買うことになりますし、そこから工務店に依頼するにしても仲介として機能するのでリスクを多少回避できます。担保となる保険をかけておくことや、実績などから推薦される業者を選ぶといった自衛手段の確保が必要不可欠と言えるでしょう。