住宅メーカーで注文住宅を建てるデメリット

予算が少ないと素材が限られている

注文住宅の最大のメリットと言えば、ある程度自分の思い通りになることですよね。しかし、それは予算が十分にあり、広い土地があることが前提です。 住宅メーカーは基本的に工場で枠組みや壁などを作り、決められたテンプレートを元に住宅を作っていきます。例えば、家中の柱を杉から松やヒノキに変更したい場合、1.5倍から2倍程度値上がりすることを頭に入れておかなければなりません。壁紙にもランクがあり、丈夫でカビや湿気に強いものほど高価になります。住宅メーカーによっては、注文住宅と言いながら、カタログの中からしか素材を選べない場合があります。大手住宅メーカーほど少しでもコストを抑えて利益を上げる大量生産方式にこだわっているため、予算に余裕があり理想に近づけたいのなら設計事務所や小さな工務店がおすすめです。

ある程度は間取りに制限がある

上記の通り、住宅メーカーは基本工場で生産します。そのため、間取りにもある程度の制限があり、会議室のような規格外の間取りや特殊工法が必要になる木造の大広間は対応できないことがあります。日本では耐震性が重視されるため、地盤によっては吹き抜けや上下非対称の住宅を建てられません。住宅メーカーのモデルハウスの1階と2階がほとんど同じ間取りになっているのは耐震性のためです。 住宅メーカーの注文住宅は、耐震性を元に設計されたモデルルームを元に素材や間取りを変更します。大掛かりな変更を希望する方は担当者に相談してみましょう。住宅メーカーには設計士が何人もいるため、予算を増やせばある程度は自由に設計してくれます。ただし、自由度が高いと工場での生産が不可能になり外注になるため、それなりに出費が増えることを覚悟しなければなりません。